鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市中区、骨盤矯正

ツイフェミ 大発狂!A●の題材になったことにブチギレまくり!【ゆっくり解説】


【隣の芝生は青く見える】転職してはじめてわかる社会の厳しさとは!?


【ゆっくり解説】河南省鄭州市災害隠蔽事件


ホーリー&ブライト ゴダイゴ


睡眠中は危険なのに、なぜ進化の過程で睡眠は淘汰されなかったのか?【ゆっくり解説】


【精神科医はなりすまし患者を見抜けるのか?】ローゼンハンの社会実験【ゆっくり解説】



骨盤矯正とカイロプラクティック


骨盤矯正


昨今は「骨盤矯正」と言うものを週刊誌やテレビなどで見ることが多くなってきました。 「骨盤矯正」は、どのようなものなのか解っている人は少ない。 「骨盤矯正」はなんなのか解説していきます。 「骨盤矯正」のことを理解し間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それと仙骨の尖端に付いている尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療は一般的に骨盤の施術はすることはありません。 なぜでしょうか?一般の病院では「骨盤」はズレないと考えられていて、骨盤が普段の生活でズレてそのことが肉体の異常の要因になることはありえないと思っているからなのです。 (だがしかし一部の整形外科で「骨盤」の修正を独自の方法でしている病院もわずかですがあります)。 例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな負荷が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を治療する場合があります。 この場合、手術のようなかたちで骨盤の施術をされることが多い。 また産婦人科では、産後に骨盤の関節の不安定性を調整するように骨盤を締め付けて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤はズレるのか?


病院などの医療で「骨盤」はズレないとされていてカイロプラクティックなどの手技療法では骨盤はズレると言われていてどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いが出るのかを説明してみます。 まず、カイロプラクティックで言うところの骨盤がズレるというのは整形外科などでいう「骨盤」の関節の脱臼や捻挫なのどように、レントゲンなどの画像診断でわかるようなひどいズレは扱いません。

一般の医療では?


病院などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で見ることのできない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の要因になることは無いと考えます。 これ以外にも「骨盤」の動きは少なく例外的なのは出産の時に可動する程度。 歳をとると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうため骨盤は通常では可動することは無いと考えています。

骨盤の矯正とカイロプラクティック


手技療法でおこなわれている骨盤矯正では、常日頃から「骨盤」の少しのズレを矯正したことで患部の痛みが良くなるのを経験します。 事実骨盤の骨盤の周辺には筋肉、神経、靱帯などがありわずかなひずみでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激する。 MRIやレントゲンなどの写真でズレが見られない場合でも骨盤が歪んでいて、その骨盤を調整する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこの為です。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?


歪んだ骨盤は、いろいろな痛みを体に出現させます。 骨盤がズレると「骨盤」に乗る背骨がズレます。 背骨がズレると脊椎の中に入っている神経や血管、体を保持する筋肉や靱帯、全身に血液を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても身体にとって凄く重要なものでどれか一つが侵されても肉体に障害が起こります。

骨盤が原因の体調不良


脊椎がひずむと背骨から出る神経の機能が狂います。 内臓諸器官の異常や運動器官の障害など身体のさまざまな部分が神経の命令で操られているので全ての身体の障害に関わってきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


ひずんだ身体は、関節、筋肉、靱帯に異常な負担がかかってくるため慢性的な凝りや痛みの要因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良


肉体のズレによって血管などを圧迫すつことで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの原因になる。

カイロプラクティックと骨盤矯正


民間療法などの「カイロプラクティック」の骨盤矯正はおおくの場合手によってされます。 矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般には手でおこないます。 また、骨盤ベルトのような骨盤を圧迫する道具ももちいることもあります。 一般に施術の痛みをともなわないのが普通ですが、その中には凄く強い力で無理に矯正を、使う整体師もいる。 普通の骨盤の場合、骨盤の仙腸関節の可動域は凄く狭く大きく可動することはない。 このすくない動きを施術により動かすので、普通は大きな力を用いることはありません。

カイロプラクティックで行う骨盤矯正


骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性の範囲でしか骨盤の関節は動くことはできないのです。 「「骨盤」が開いているから、骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、雑誌、ネットで見かけますが、騙されないで。 骨盤にどんなに力をかけても見た目で分かるだけの動きはしない。 このような宣伝をする「カイロプラクティック」では骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて治療します。 大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると考える方達もいますが、見た目で分かるほど動いた時は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。 治療前と治療後で変わったと感じる人達もいるみたいですが勘違いのようなもので変わったような気になっているだけです。 骨盤の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど可動していることはありえません。 仮に見た目で違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、仙腸関節の強い痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外的に「骨盤」が、普通異常に可動することがあります。 それは出産する時です。 出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるんで骨盤が、広がるように動きやすくなる。 出産の時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では「骨盤」の仙腸関節はこのような柔軟性は無いのです。 出産時でもそんなに大きく開かない骨盤が眼で見て分かるほど修正で大きく可動することはありえません。 歯列矯正のように数年間にわたって力を加えるような骨盤ベルトなど使えば徐々にですが矯正していくことはできるでしょうが現実では無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!


「カイロプラクティック」でおこなう「骨盤矯正」は、体形を変化させるようなものではなく体をバランスのとれた健康な状態に整えることが目的なんです。 「骨盤」の腸骨と仙骨の関節がちょっとのひずみでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。 「骨盤」を整え体をバランスがとれた良い状態に維持することで健康を保って痛みや凝りを解消します。 もしも骨盤がズレていると思ったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、体の基礎です。 骨盤が歪めば体全体が傾ていしまいます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」矯正はとても効果的な手助けになります。
浜松市東区、骨盤矯正