鬪ィ逶、遏ッ豁」

磐田市、骨盤矯正、カイロプラクティック

My Revolution / 渡辺美里


【ゆっくり解説】眼も胃も無い捕食者~食虫植物の進化~


【ゆっくり解説】悲報!実はとんでもない偽物だらけの食べ物総集編!悲しすぎる実態とは【うわさのゆっくり解説】

560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/HBhdZ9ASOlg” title=”YouTube video player” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>

How does a Tank work? (M1A2 Abrams)


超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマ【創作譜面】


IH, 誘導加熱とは何ですか?火を使わないで加熱する原理を解説



カイロプラクティックと骨盤矯正


骨盤矯正


昨今は「骨盤矯正」と言うのをネットやテレビや週刊誌で見かけることが多くなりました。 「骨盤矯正」は、どのようなものなのか知っている方達は多くありません。 「骨盤矯正」はどんなものなのか解説していきます。 骨盤矯正のことを理解し間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


骨盤は、左右一対の腸骨とその間にはさまれている仙骨、それと仙骨の先っぽに付いている尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療ではふつう骨盤の調整はすることはありません。 なぜだと思いますか?普通の病院では「骨盤」は歪まないと思っていて骨盤が日常生活で歪み、それが肉体の異常の要因になったりすることは無いと考えているからなのです。 (しかしある一部の整形外科で骨盤の治療を独自にしている病院も少ないながらもあります)。 例外として、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い負荷が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元の状態に戻すように骨盤を修正する場合があります。 この場合、手術のようなかたちで骨盤の矯正をすることが多いみたいです。 また婦人科では、産後に骨盤の関節の緩みを治すように骨盤を締め付けて安定させる骨盤ベルトのような装具をすすめる病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?


一般的な医療で骨盤は歪まないとされており「カイロプラクティック」などの民間療法では骨盤はズレるといわれどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いが出るのかを説明してみます。 まず、「カイロプラクティック」でいうところの骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像診断で分かるような大きなズレは扱いません。

病院では?


外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像で見ることのできない程度のズレは痛みなどの身体の不調の原因になることは無いと考えています。 それ以外にも骨盤の動きは微妙で例外的なのは出産の時に可動する程度。 中年くらいになると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうので「骨盤」は普通動くことは無いと思われているようです。

カイロプラクティックの骨盤矯正


手技療法でおこなう骨盤矯正は、常日頃から骨盤のわずかなひずみを調整した後に症状が良くなるのを見ています。 現実に骨盤の仙腸関節の周辺には筋肉、神経、靱帯などがあり微妙なズレでも神経、筋肉、靱帯、を刺激します。 レントゲン写真のような画像診断で歪みがみつからなくても骨盤がズレていてその歪みを治療する必要があるとカイロプラクティックで言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になりやすい


ひずんだ骨盤は、いろいろな痛みなどを肉体にもたらします。 「骨盤」がズレると骨盤に乗る脊椎が湾曲します。 脊椎が歪むと脊椎の中の神経や、体を保持する筋肉や靱帯、全身に血液を送る血管などに負荷がかかりこれらは、どれをとっても肉体にとってすごく重要なものでどれが侵されても肉体に異常が起きてきます。

骨盤が原因の神経圧迫


脊椎がひずむと脊椎より出る神経機能が障害されます。 内臓機能の障害や運動機能の異常など身体のさまざまな部分が神経でコントロールされているので、これら全ての身体の障害に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担


ズレた肉体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に大きな負荷がかかるため、慢性的な凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良


体のズレによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になる。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正


民間療法などのカイロプラクティックの「骨盤矯正」は多くの場合手によってされます。 矯正器具や矯正ベッドを使うこともありますが、一般的には手で行います。 また、ベルトのような骨盤を圧迫する器具ももちいることもある。 普通調整の痛みは伴わないのが普通ですが、中には強い力で無理に矯正を、使用する施術師もいる。 正常な「骨盤」の場合、骨盤の関節の可動性はとても狭く大きく可動することはない。 このすくない可動域を矯正により動かすので、基本的に大きな力を使うことはありません。

カイロプラクティックの骨盤矯正の現実


骨盤の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性の範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできません。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌などで見られますが、騙されないで。 骨盤にどれほど力を加えても見た目で分かるだけの動きはしません。 こんな宣伝をするカイロプラクティックは骨盤の上に乗るなどして強い力を加えて治療します。 すごく強い力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える方もいますが、見た目で分かるほど動いたときは「骨盤」の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。 治療した後変わったと思う方もいるようですが、勘違いみたいなもので変わったような気になっているだけなんです。 「骨盤」の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはありません。 逆に目に見えて変化が分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、骨盤の関節に痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正


例外的に骨盤が普通異常に動く場合があります。 それは出産時です。 出産時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるんで骨盤が開くように可動しやすくなっていきます。 出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では「骨盤」の関節は柔軟性はないのです。 出産の時でも決して大きく動かない骨盤が、眼で見て分かるほど施術で大きく動くことはありえません。 歯列矯正のように何年か常に力を加えるようなベルトなど使えばすこしずつですが矯正していく事は可能でよしょうが実際には無理があります。

あなたも骨盤矯正しよう!


「カイロプラクティック」でおこなわれている「骨盤矯正」は体形を変えるようなものではなく身体をバランスの整った理想の状態に正すことが目的なんです。 骨盤の関節はちょっとのズレでも痛みを発症することもあるし、骨盤の少しの歪みを体全体を歪ませ健康などに影響を与えます。 骨盤を治して体をバランスのとれたいい状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを治します。 もし「骨盤」がひずんでいると思うのであれば、「骨盤矯正」を受けてみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、身体の土台です。 骨盤が歪めば背骨が傾ていしまいます。 健康な身体は姿勢から!「カイロプラクティック」施術はとっても有効な助けになります。
浜松市、骨盤矯正