謨エ菴薙€∫肇蠕後・鬪ィ逶、

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正って聞いたことありますか?

出産後に行われる、産後の骨盤矯正を受けたことはありますか?最近子供を出産された人で見聞きしたことのない人はないんじゃないですか?産後「骨盤矯正」が受けられるようになったのは、30年くらい前からくらいです。それより前にも産後の「骨盤矯正」は存在していたのですが今のように一般の人には知られていませんでした。今から30年前くらいにテレビや雑誌で扱われるようになり少しずつ産後骨盤矯正は普通の人にも知られるようになってきました。

産後の骨盤は歪む?

出産の時骨盤は、赤ちゃんが通り抜けやすいように骨盤の関節が広がります。普段ほとんど可動しない骨盤の仙腸関節は赤ちゃんを産むのが多少でも苦痛が楽になるようにホルモンで可動性が増しわずかに広がります。特に恥骨の間と坐骨の間が左右に広がります。仙骨と腸骨の間の仙腸関節(せんちょうかんせつ)は動きますが大きく広がったりはしない。「骨盤」の関節が柔軟性が増し始めるのは出産より前からで出産時もっとも広く開きます。広がった骨盤は、産後元の位置に戻ります。

骨盤は出産後歪む?

一般に産後「骨盤」は元の場所に戻ります。だが、出産後元の位置に戻らず腰痛や坐骨神経痛などを発症することがある。なぜ骨盤は歪むの? ズレるの?

赤ちゃんが原因で骨盤が歪む

妊娠中にお腹の赤ちゃんが少しずつ大きくなっていきます。大きくなってきた赤ちゃんによって「骨盤」が内側から押されて「骨盤」がズレます。

生活習慣で骨盤が歪む

毎日の生活で「骨盤」が歪むような癖がある場合。元々骨盤がズレていれば、産後にそのズレが続くことがある。出産後骨盤は子供の出産前の骨盤に戻るが、もともとの骨盤の状態がズレていれば、歪んだ状態になってしまいます。

産後骨盤が戻らない

産後に骨盤は元の状態になろうとしますが、何かの原因で骨盤が元に戻らず歪んだ状態になってしまうことがあります。この場合、痛みが出ることがありあります。痛みが出るところは恥骨周辺の場合もあるが、腰部に発症する場合もあります。

出産後の生活で歪む場合

産後暫くは、「骨盤」の関節は緩んだ状態になっていたりします。その時期に子供の授乳などの曲がった姿勢で座る時間が長時間続いたりすると出産後骨盤が元に戻った後でもすこしずつ歪んでしまう。

自分で行う一般的な産後の骨盤矯正

近頃では、産婦人科などでも骨盤の歪みに対して骨盤を安定させるように締める着ける骨盤ベルトのようなものを使用するようにすすめる場合もあるようです。またネット、テレビ、雑誌で自分で骨盤のズレを正す骨盤体操なども流布されるようになった。産婦人科ですすめているような骨盤ベルトは「骨盤」を圧迫するように骨盤の関節を圧迫するだけです。婦人科では、どんな感じで「骨盤」が歪んでいるかを調べることはありません。出産後「骨盤」がズレていることを前提に単純に圧迫してあげるだけなのです。骨盤矯正体操は、ストレッチなどの体操や骨盤にゴムチューブを巻いて腰を動かしたりして「骨盤」を元に戻そうとするものですが、自分の骨盤がどれだけ歪んでいるかを知る方法を教えてくれませんので自分自身の「骨盤」のズレの状態を理解することはできません。ストレッチや骨盤を動かす体操をしても自分自身の骨盤の状況を分かっていなければ理想の状態に修正するには、どのような方向に力を加えていいか判断できません。自分自身の状態がわからないのに行う「骨盤矯正」のストレッチや体操は、動かしている間に運よく理想の場所になるかもという「奇跡を願ってする神頼み」みたいなものです。

産後の整体の骨盤矯正

脊椎矯正の専門の治療である整体は、「骨盤矯正」のプロでもあります。整体では「骨盤」の状態を検査して、骨盤のズレを良い状態に治すように「骨盤」を矯正する。骨盤を理想的な状態に戻すには、骨盤の歪んでいる状態を調べることが大切です。骨盤の状況を知っていなければ、どっちの方向に骨盤を矯正すれば元の状態に戻すことができるか分からない。前述の一般人が行う骨盤矯正は、骨盤の状態を考えずに力を加える為、最悪の場合骨盤の状態がひどくなることもある。このようなことは珍しくない。産後の「骨盤矯正」をしようと考えているのであれば、整体で調整することが最も推奨されます。また、エステのような所の「骨盤矯正」は、個人的な印象なんですが、骨盤のズレがまったくないのに、大げさに「骨盤」が曲がっていると患者を不安にさせ必要の無い調整を長期に渡って行う傾向がよくあるように思います。正直信用できないところも沢山あるような気がします。

出産後の骨盤矯正は必要なの?

近頃の「骨盤矯正」の宣伝を見ていると、出産後の骨盤矯正は必ずするべきだ言わんばかりの広告の文句が目立ちます。骨盤矯正は産後必ず必要とするのでしょうか?その答えは「NO」です。骨盤矯正が必ず必要なくらい体に影響するのであれば、骨盤矯正が存在しなかった時はどーだったのか?「骨盤矯正」が無かった時代でも何の問題も無く人々は出産していました。産後の骨盤のほとんどは、出産前の正常な状態に普通に戻ります。しかし中には出産後に骨盤が曲がってしまう方がわずかながらいます。大多数の方は、出産後の骨盤矯正はする必要はありません。骨盤矯正が必要な方は、産後なんらかの異常を生じた場合です。産後の骨盤のズレが心配であれば、しっかり検査をしてくれる「整体」に通いましょう。しっかりした「整体」では、「太りやすくなる」「体形が崩れる」などと言って「骨盤矯正」を奨めることはありません。まともな整体は、歪んでいない骨盤をズレていると言って必要のない骨盤矯正をすすめることはありません。普通の人は、産後骨盤矯正は必要としないことを知っておいて下さい。

不安にさせるトークに要注意!

「骨盤」の歪みをそのままにすると「太りやすくなる」「体形が崩れる」「下半身太りになる」など必要もないのに出産後のの骨盤矯正をすすめる整体などは一度考えてからにして下さい。出産後に「太ったり、体形が崩れる」のは骨盤がズレたのが原因でしょうか?これらの要因のほとんどは骨盤じゃなく日常の生活習慣です。出産して生活習慣が大きく変わると、体重が増えたりして体形が変わることは珍しいことではありません。しかし産後骨盤矯正を売りにする整体やエステの治療院は、産後の体の変化を全て「骨盤」のズレのせいにし「「骨盤矯正」をすれば体形を戻せます」と広告するのです。体形が変る要因が骨盤の歪みであれば、骨盤のズレを調整するだけで体形の崩れをもどすことができるはずですが、骨盤矯正だけで体形が元どうりもどる方はわずかです。ですので、ダイエットサプリやストレッチや筋力トレーニングなどのエクササイズも同時にさせようとする治療院が多く、骨盤矯正では体形は元どうりにならないと白状しているのと同じことです。「骨盤矯正」に過度の期待をすることは間違いです。怪しいエステや治療院には気を付けて下さい。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

2024年4月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

閻ー逞帙・豐サ逋よウ輔→繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

腰痛を改善する整体の治療

腰痛を治す整体

腰痛とは腰部の炎症や痛みを発することをいいます。大部分の腰痛は、たいてい発症から数週間以内に症状が軽減します。しかし、ほとんどの腰痛は傷めることを何回も繰り返しその中の何パーセントかは生活に重大な支障をもたらす重大な症状になったりします。腰痛は大きく分けると急性腰痛と慢性の腰痛に分けられます。急性腰痛は、突然痛くなる、「ギックリ腰」を含めて痛みが出てから少ししか時間の過ぎていないものです。慢性腰痛は長期間痛みなどの不快な症状が腰の部分につづく「腰痛」で痛みなどの不快な症状の消失と発現を繰り返しながら長い期間続く場合もある。一生で80パーセント以上の人が、一度は「腰痛」を発症すると

言われている。

腰痛の種類

「腰痛」は急性の腰痛と慢性の腰痛という発現してからの日数で分類されるだけでなく、当然のこと症状によっても分類される。原因による「腰痛」の分類には、急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、心因性腰痛、腫瘍(癌)、などあります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの「腰痛」は、高齢の方達には普通にみられる「腰痛」でレントゲンやMRIなどすると、おおくのばあい高齢の人達に認められますが、これらの腰の病変は高齢の人達の「腰痛」の原因では無いという話もあるみたいです。これは手術によって腰痛の原因を取り去っても「腰痛」が改善しないことがおおい為です。緊張性の腰痛(筋筋膜性腰痛)は、筋肉や筋膜に過度な負荷が加わることで、筋膜や筋肉が収縮することによってあらわれる「腰痛」です。慢性の腰痛は、「腰痛」が3ヶ月以上持続する長期の腰痛です。原因が分からない腰痛も多く、不安やストレスなどが要因の心因性の腰痛ではないかとも言われています。急性の腰痛を長引かせて慢性腰痛に移行することもあるのです。

その他の腰痛

「腰痛」には、とても重大な病が隠れている場合もあり緊急性が高く、死ぬ可能性のとても高い病気もあります。緊急性が高く、致死性の高い腰痛の原因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、腎梗塞急性膵炎、などあります。特に注意を要する「腰痛」には悪性腫瘍、腹部感染症、脊椎感染症、などがある。腰痛の要因になるこのような病気に関しては、要因である病を治さないかぎり「腰痛」が良くなることはない。「腰痛」以外に症状がある人は、他の疾病があるかどうか確かめてみることが必要になる。単なる「腰痛」だと油断していると、命取りにもなりかねません。腰痛の中には生命にかかわる怖い「腰痛」もあることを分かっておく必要があります。

非特異的腰痛を来たしやすい原因

精神的な要因(ストレス、不安など)、妊娠、肥満、年齢、腰い負担おかかる職業、運動不足、など。精神的要因による腰痛は、要因が見つからない「腰痛」などに対して多く用いられます。しかし、レントゲンやMRIに要因らしいものが写らないといって精神的な要因というのは違っています。レントゲンやMRIにすべての要因が映し出されることはなく、反対にMRIやレントゲンに写し出されない原因の方がずっと多いことからも、心因性の腰痛だと診断されたからと言って身体的な要因がないと安心することはできない。

カイロプラクティックと腰痛の治療

「腰痛」の治療法は、いろいろな対処法が使われる。これは、「腰痛」の原因がいろいろあるというだけでなく、決定的な治療が無いことです。一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬を使う治療法と、筋力トレーニング、姿勢の改善、ストレッチなどの運動療法。テーピングやコルセット。温熱療法や電気治療。マッサージや鍼治療。さまざまな方法が腰痛治療で使われますが、その中でも最も効果があると言われるのがカイロプラクティックなどの骨格矯正なんです。「カイロプラクティック」脊椎骨盤など骨を調整することで腰痛を治療します。骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の大きな原因になる。「カイロプラクティック」は腰痛の要因になる脊椎骨盤を整えます。

カイロプラクティックの治療

カイロプラクティックの腰痛治療は、ふつうボキボキ関節を鳴らすのを想像する人達がほとんどではないですか?基本的には「ぎっくり腰」のような急性の腰痛には、そのようなボキッっとする矯正を「カイロプラクティック」ですることはありません。また急性腰痛に対してボキボキするような施術をする「カイロプラクティック」には、注意したほうがいいかもしれません。急性の腰痛に対して「カイロプラクティック」ではボキボキしない方法で脊椎や骨盤の修正をします。カイロプラクティックにもやわらかい施術方法が使用されます。慢性腰痛にたいしては「カイロプラクティック」の治療にもよりますがボキボキする施術をすることもあります。「カイロプラクティック」は、ボキッってするやり方やぼきぼきしない治療に関わらず脊椎骨盤を調整するためとても効き目が高いので、「腰痛」で悩んでいるなら一度「カイロプラクティック」の矯正を受けてみることをおススメします。

カイロプラクティック整体カイロ整体痛み、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側弯o脚x脚メンテナンス背骨ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤体調不良カイロプラクティック整体

2024年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

閼頑、主・蠑ッ逞・€√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

側弯症とカイロプラクティックの矯正

側弯症ってなに?

側弯症は、脊椎側弯症あるいは脊柱側弯症のようにいわれます。脊椎は正常な状態であったら正面あるいは背面から観察すると背骨はまっすぐにのびています。しかし、横方向に曲がったり脊椎がねじれていることがあり、これらを脊椎側弯症または側弯症いいます。「側彎症」は痛みを伴うことは稀なため早期の発見はとても困難で、ある程度成長してしまってから気付くことが多いようです。気が付いた頃には、すでに大きく曲がってしまっている場合もあり、成長が続いている時は、時々背骨の曲がりをチェックして側弯症なっているかを確認することが必要なんです。

側弯症の原因は?

最近では、「側彎症」を原因別に分けるようになっています。「側弯症」には、下記のような分類があります。

特発性側弯症

特発性側彎症とは、原因の分からない側弯症の通称です。この特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)が側弯症の80-85%をしめています。成長する時に「側彎症」は発現し、多くが思春期に発症することから小学4年生くらいから中学校3年生までがとくに注意が必要とされます。およそ一対七の割合で女子に多く、そのうちでも初経前後の女に多く出現し、やせ形の中学生でも発現しやすく、生活習慣は関係無いようです。身体の発育や成長がしなくなるまで曲がり続ける傾向があることから、出現年齢が若く、残っている成長する時間が長いほど湾曲が大きくなる可能性が高く、一般に骨成長が成熟期になると背骨の曲がりがが早く進行することはなくなる。

先天性側弯症

胸郭不全症候群などのような遺伝的または成長段階に生じた背骨の異常によって発症する。

神経原性側弯症

脳(のう)や脊髄などの異常によって発現します。

筋原生側弯症(きんげんせいそくわんしょう)

筋肉などのの異常により理想の姿勢を保つことのできないことによって発症する。

外傷性側弯症(がいしょうせいそくわんしょう)

怪我をした為に発症する。事故など体に大きな力が加わったことが要因で脊椎が曲がってしまうことがあります。骨折や捻挫、などそれらの後遺症によって背骨が歪み側弯症になったりします。

姿勢による側弯症

日常の姿勢で姿勢が悪いと側弯症になることがあるのです。この「側弯症」は、背骨の変形を伴うことが少ないようです。長期間にわたる良くない姿勢では脊椎や肋骨が変形させていく場合もありますが、特発性のような変形の仕方はしません。姿勢が要因で出現する「側弯症」は、整体の調整や姿勢を正すことで治すことができます。

身体に影響する側弯症

背骨が歪む側弯症は、身体に様々な悪影響をおよぼす。外見上の問題、内臓機能への影響、肩凝りや腰痛などの不快な症状や痛み。

外見

背骨が側方に曲がるだけではなく、脊椎自体が捻じれながら彎曲するため、やがて肋骨なども変形してきて凸側の肋骨が背中側に張りだすと、女性の場合は乳房が左右不均等になったり、背中が出っ張るなど外観に影響が出る。このような背骨や姿勢の変形により、劣等感や羞恥心など精神に影響を与える場合もあります。ひどい「側弯症」では、その子の子供にも遺伝するかもしれないと考えて婚姻の障害になる事もあります。

身体機能への側弯症の影響

肺への圧迫と変形からくる呼吸器障害・循環器障害など内臓器官にも影響を及ぼす。症状が進行すると凸側の肋骨の前後がつぶれたようになり肺、心臓などの臓器を圧迫しさまざまな影響が出る。側湾が70度を超えた時は肺活量が極端に減少し、90度を超えると心臓や肺の機能にも大きく影響し平均余命が短くなるといわれる。

痛みや凝り

腰椎は、肋骨がなく主に筋肉と靭帯により支えられる為、胸椎よりも負荷が大きい。また椎間板(ついかんばん)への影響もあり、側湾が45度を超えると椎間板(ついかんばん)への負担が不均等となり、椎間板(ついかんばん)の痛み、腰痛の要因になる。骨格の曲がりは、関節や骨格を支える靱帯・筋肉に負担をかける為に、痛みや凝りの要因になる。急性の痛みや慢性の痛みなど色々な凝りや痛みの要因にになりますが、「側弯症」のなりはじめや軽度の「側弯症」では痛みや凝りが出ることは多くなく、ほとんどの場合凝りや痛みが出現するのは湾曲が大きくなったひどい「側弯症」になってからなんです。

側弯症の検診

日本では、乳幼児や学校の健康診断で脊柱検査がおこなわれていて1980年(昭和55年)頃よりモアレによる検査が普及し、早期診断が可能になった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診が学校の検診の必須項目に加えられた。予防方法はわかっておらず、早期発見によって保存療法を行うことに利点があるようです。保存的治療には、整体やカイロプラクティックのような手技療法もあるようです。しかし、カイロプラクティックや整体などの背骨、骨盤の矯正を専門とする治療法でも側弯症にとても有効な予防や治療の方法は確立されていません。

側弯症の治療

病院で行われる「側弯症」の治療法は、装具による治療法と手術による治療にわけられます。

コルセットなどによる側彎症の治療

25度以上と診断を受けると、専用の装具による固定療法が行われることが多い。コルセットのような装具で歪みが完全になくなる(完治する)ことはありませんが、コルセットは多少は側弯症の悪化を遅らせる為、手術となってもその時期を遅らせる効果がある。しかしながら、コルセットなどの装具を付けての日常の生活は苦痛を伴う為、コルセットの着用を辞めてしまう方も少なくなく、現実には、その効果を感じる人は多くありません。また長期間装着することが必要になるが、側弯症の進行が止まる時期、つまり成長が止まるまで着用する必要があり、「側彎症」の装具での治療はとても忍耐が必要なものになります。

手術

50度以上と診断されると、スクリューやロッドを挿入して背骨を調整するする外科手術をします。この場合も完治することは無い。外科の手術による「側彎症」の治療後は、背骨の稼働できる角度は少なくなります。また、側弯症の歪みに伴い、肋骨の変形がありその肋骨の歪みの度合いによっては、肋骨の切除が必要な場合もあります。大がかりな手術になるので、身体への負担を心配して手術をためらう方もいらっしゃいます。

カイロプラクティックによる治療

骨格矯正を主とするカイロプラクティックには「側彎症」の患者が数多く来られます。カイロプラクティックは古くから側弯症の調整を経験してきた歴史がある。しかし、最近でも全ての側弯症に特に有効な治療方法は確立されていないようです。しかし、ある一部の「側彎症」に対しては効果的で改善が見られる事があります。気を付けた方がいいのは、「側弯症を簡単になおします」とか「側湾症専門」など、あたかも「側彎症」が簡単に治る病気のように広告する整体は詐欺みたいな整体院かも!カイロプラクティックの矯正で良くなる側弯症は、側弯症全体の一部のある条件が合った「側彎症」のみ。側弯症が完治するなどと気軽に言うエステや整体に行くのは考えた方がいいかもしれません。そのことも考慮した上であれば、カイロプラクティックの施術をを受けてみるのはいいと思います。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

2024年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

腰痛、カイロ

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は1895年米国(アメリカ)の「ダニエル・デビッド・パーマー」により発明された治療です。
カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた言葉です。
WHOでは補完代替医療として位置づけています。
発祥国の米国や、イギリス、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの一部の国(約40カ国)はおもに筋肉系・骨格系の障害を取り扱う筋肉骨格系健康管理の専門職として法制化されている国もあります。
世界保健機関の定義では「筋肉・骨格障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職です。

施術

治療方法としては、手技によるアジャストメントもしくは背骨マニピュレーションを特徴として、特に椎骨の歪みに注目している」。
カイロプラクティックの定義は、いろいろな協会や教育機関で異なっている場合も多い。
中には苦痛の要因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)だと考え、そしてそのズレ(サブラクセーション)を手技により調整することで疾病施術することがカイロプラクティック(背骨矯正法)と解釈する人々がいます。
例を上げれば米国カイロプラクティック協会が定めるカイロプラクティック 「Chiropractic」 では筋肉、骨格と神経系の疾病に特化した治療法と定義されています。
カイロプラクターは薬/外科手術はすることなく、カイロプラクティック、オリジナルの矯正を施術法の主な方法として検査/診断治療をしている。
カイロプラクターは肉体に関する広範囲の知識を有し、手技に加え、理学療法・リハビリ、栄養/食事指導生活の習慣の指導もしている。
「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 の呼称はギリシャ語の Chiro(手)と Prakticos「技」を組み合わせて造った造語になります。
これは、前述のサブラクセーション(脊椎の小さなズレ)の施術の為に「アジャスト」と呼ばれている施術方法を使用することにあります。
WHOでは「カイロプラクティック」 (Chiropractic) を代替医療として位置付けている。
カイロプラクティック Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 以外にも「オステオパシー」やスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。
米国の治療師「パーマー」(1845~1913) が生みだされた。
病気は神経の障害により起るという理論に基づき、体、主に背骨の指圧により神経機能回復をはかろうとする治療法なのです。
19 世紀末アメリカにて生みだされた神経機能に対して行う治療法です。
背骨(脊椎)の歪(ズレ)みを改善、神経の機能を整えさせ、各組織や各器官の不調を治す
カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は、骨格の障害とそれらが及ぼす肉体への作用を診断、治療、予防するスペシャリストであり、関節矯正もしくは脊椎のマニピュレーション(調整)を含む徒手を特徴として、主に椎骨の小さな歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療法です。
簡単に言えば…、歪み、特に骨(背骨)の不整列手や器具によって治すことによって神経の働きを改善する施術方法です。
すなわち人間のコントロールするのは脳に繋がる神経であり、その神経の働きが良くなれば自然に肉体は疾病の軽快とともに健康的になると考えている訳です。
健康管理の中の背骨健康管理の専門職。
神経系・骨格系機能、能力、健康そして日常生活の質を向上させる機能を有する。
最新の研究と臨床経験に基づいて、主に背骨(脊椎)神経系の関りを重視しながら治療、検査、診断に専門的な着手計画を行う。
手技療法、体操療法、患者教育などを含みながら、主に脊椎アジャストメントを行う教育を受けた専門職です。
カイロプラクティック(背骨矯正療法)は、まず病歴を聞き、姿勢検査など各検査を行っていきます。
そしてバランスを全体的に判断して治療の方法を組み立て様態や体の特徴に適合した手技のカイロプラクティック・テクニックを利用します。

カイロプラクティック整体o脚矯正姿勢矯正o脚o脚カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

2024年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

O脚、カイロプラクティック院

O脚矯正(オオキャク矯正)

O脚の矯正

女性の脚の悩みで多いのがO脚なんですがこのO脚が女の子達に多くいることを知っている人達は少ない。女性でO脚を気にしている人は、たくさんいると思うのですが、最近では男性の方もO脚疑って矯正を受けることも多いみたいです。O脚みたいに湾曲した脚は外見が悪いだけでなく下半身が太って見られます。ミニスカートなど脚を出すことの多い方には、見た目の悪さがポイントになるようです。また見た目だけでなく、O脚は、腰痛、肩凝り、脚のむくみ、便秘、頭痛、生理痛のような疾患の原因になっている事もあり、将来的に膝の関節の変形をきたし膝が曲がらない、膝が腫れる関節の痛みで歩けない、などで悩まされることになるかもしれません。

O脚の原因は?

O脚の要因には先天性な(遺伝的な)ものと、後天的な(後から身につける)ものが、あります。先天性のものは遺伝子により受け継がれたものです。後天性のものは、生活習慣によって脚がじょじょに歪んでしまったものです。座る時の癖や歩行時の癖などで脚の骨が歪んできます。特に成長期の身長が大きく成長する時の影響は大きく、多くの場合、成長する時にO脚になります。また、O脚は中年以降、骨や筋肉が弱まってくると急速にO脚の歪みが悪化してくる事が多く、これは膝が歳をとると共に変形してくるのが要因になります。

O脚って改善できるの?

昔は、O脚の要因は解っておらずひとたびO脚になってしまったら治らないといわれていましたが、近頃では、O脚の多くは改善することが分かってきました。曲がってしまった骨格は真っ直ぐにすることはできませんが、骨盤、股関節、膝関節などの関節を矯正することによってO脚を真っ直ぐに近付けていくように矯正することが可能です。O脚で悩んでいるのでしたら一回O脚矯正受診してみるのもいいかもしれません。

カイロプラクティックとO脚矯正

O脚の修正で有効なのがカイロプラクティックなんです。カイロプラクティックは、骨を矯正する民間療法で当然脚の治療の専門家です。カイロプラクティックでのO脚矯正では、股関節、骨盤足首の関節、膝関節などを色々な方法で修正することで曲がった脚を真っ直ぐに調整していきます。O脚の状況によっては機械を用いることもあるのですが、基本的に手技療法によって調整していきます。整カイロプラクティックO脚矯正は、一度目から違いが出ることが多く、すごく効果的なのがわかります。ただ、カイロプラクティックO脚矯正といってもカイロプラクティックごとに矯正方法が違い、とこの整体院でも同じ矯正が受けられる訳ではない。カイロプラクティックは技術職です。カイロプラクティック師の力量に大きな差があります。しっかり調べてから行くのがいいでしょう。O脚矯正をしているカイロプラクティックでもホームページなどに治療したO脚の写真を載せていないエステなどとかは行くのをちょっとまった方がいいかもしれません。O脚の矯正の実績が無いカイロプラクティック治療院かもしれません。それから危険なのが、最初から回数券すすめたり、カードローンなどを薦めてくる所も行くのをちょっと待った方がいいかも。最初の何回かはようすを見る為に回数券やローンを組まずにした方がいいですね。

O脚を改善しよう

O脚は歳をとると脚腰の痛みだけではなく体全体に影響を及ぼす。矯正するにしても若いうちに矯正しないとO脚の矯正じたいができなくなります。カイロプラクティックの調整で改善できると言っても、膝や股関節などの変形が始まってからではどーにもできません。O脚に気づいたらなるべく早く治療することをおススメします。カイロプラクティックが有効と言っても限界があるので、治らなくなってからは手遅れになります。O脚を気にしているのであれば、一回カイロプラクティックに行ってみることをお奨めします。

カイロ整体カイロプラクティック整体凝り、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛x脚姿勢の矯正猫背の矯正側彎o脚x脚メンテナンス背骨の矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤慢性的な体調不良カイロカイロプラクティック

2024年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

蛛エ蠑ッ逞・ 閼頑、主・蠑ッ逞・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・ 蛛エ蠑ッ逞・€∵紛菴・ 閼頑、主・蠑ッ逞・€∵紛菴・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・€∵紛菴・ 蛛エ蠑ッ逞・→謨エ菴・ 閼頑、主・蠑ッ逞・→謨エ菴・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・→謨エ菴・ 蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋・ 閼頑、主・蠑ッ逞・・豐サ逋・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋・ 蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ€∵紛菴・ 閼頑、主・蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ€∵紛菴・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ€∵紛菴・ 蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ→謨エ菴・ 閼頑、主・蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ→謨エ菴・ 閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・豐サ逋ゅ→謨エ菴・ 蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」

側弯症と整体の矯正

側弯症(そくわんしょう)とは?

「側彎症」は、脊椎側弯症とか脊柱側弯症のようにいわれます。脊椎は理想的な状態であったならば前面あるいは後面から観察すると背骨は真っ直ぐに伸びています。しかし、横方向に彎曲したり、脊椎が捻じれている事があり、これを脊椎側弯症または側弯症を呼びます。側弯症は、痛みなどを伴うことはほとんど無いので初期における発見はとても困難で、ある程度大きくなってから気付く場合が多い。気が付いた時には、もうすでに大きく歪んできている場合もあり、成長期には時々脊椎の曲がりをチェックして「側弯症」なっているかを確認することが必要なんです。

側弯症の原因?

近頃では、側弯症を原因ごとに分けるようになってきています。側弯症には、以下のような種類がある。

特発性側彎症

特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)とは、原因の分かっていない「側彎症」の通称です。この特発性側彎症「側弯症」の80-85%を占めています。成長するときに「側彎症」は出現し、そのおおくが思春期に発症することから小学校4年生から中学3年生くらいが特に注意が必要。おおよそ1:7の割合で女に多く中でも初潮前後の女に多く発症し、瘦せ形の女子中学生でも発症しやすく、生活習慣は関係ないようです。背骨の発育や成長がしなくなるまで曲がり続ける傾向があることから、発現年齢が若く、残っている成長する時間が長いほど湾曲が大きくなる可能性が高く、一般的に骨成長が成熟期になると背骨の歪みがが急に進行することはなくなる。

胸郭不全症候群

胸郭不全症候群などの先天的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発現する。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)

脳や脊髄などの異常によって発現する。

筋原生側弯症

筋肉の異常により正しい姿勢を保てないことによって発症する。

外傷性側弯症

ケガをしたことにより発現します。事故などで背骨に大きな力がかかったことが原因で背骨が歪んでしまうことがあります。捻挫や骨折、などそれらの後遺症などによって背骨が歪み側弯症になったりします。

姿勢が原因の側弯症

日常の習慣で姿勢が悪いと「側彎症」になることがあります。この「側弯症」は、背骨の脊椎の変形をともなうことは少ない。長時間の悪い姿勢は肋骨や背骨が変形してしまう事もありますが、特発性のような変形のしかたはしません。姿勢が要因で発症する「側弯症」は、整体の矯正や日常の姿勢を正すことで治していくことができるようです。

身体に及ぼす影響

背骨が大きく湾曲する側弯症は、健康に色々な悪影響をおよぼす。見た目上の問題、身体機能への影響、肩凝りや腰痛などみたいな痛みや不快な症状など。

外見上の問題

背骨が左右に曲がるだけでなく、骨自体がねじれながら左右に歪むため徐々に肋骨なども変形してきて凸側の肋骨が後方に張りだすと、女の場合は乳房が左右不均等になり背中が出っ張るなど容姿に影響する。それらの身体や姿勢の変化により劣等感や羞恥心など精神に影響を与える場合もあるようです。ひどい側弯症の場合、その子の子供にも受け継がれるかもしれないと考え婚姻の障害になる事もあります。

体への側弯症の影響

肺の圧迫と変形による呼吸器障害・循環器障害など内臓にも悪影響を及ぼします。進行すると凸側の肋骨の前後がつぶれるように変形し、肺、心臓などの内臓を圧迫することで様々な影響が出る。側湾が70度を超えた場合は肺活量が極端に減少し、90度を超えると心臓や肺の機能にも大きく影響し平均余命が短くなると言われる。

痛みや凝り

腰椎(ようつい)は肋骨がなく、筋肉と靭帯により支えられるため、胸椎よりも負荷が大きい。また、椎間板への影響もあり、側弯が45度を超えると椎間板(ついかんばん)への負荷が不均衡になり椎間板(ついかんばん)の痛み、腰の痛みの要因となる。脊椎の湾曲は、関節や骨格を支える筋肉、靱帯に大きな負荷をかけるために、痛みや凝りの原因になる。急性の症状や慢性の痛みなど様々な凝りや痛みの要因になるのですが、「側弯症」のなりはじめや軽度の側弯症では痛みや凝りが出現することは数少なく、ほとんどの場合凝りや痛みが出現するのは曲がりが大きくなったひどい「側彎症」になってからです。

側弯症の検査

日本は、幼児や学校の健康診断で側弯症の検査がおこなわれていて1980年(昭和55年)頃よりモアレによる検査が普及して、早期発見が可能になった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診が学校健診の必須項目に加えられた。予防方法は分かってなくて早期の発見に非観血的治療を行うことに利点がある。保存的治療には、カイロプラクティックや整体などの手技療法もあります。しかし、整体やカイロプラクティックなどの背骨、骨盤の治療を専門とする治療法でも側弯症にとても有効な予防法や治療は発見されていない。

側弯症の治療方法

医療でされる側弯症の治療法は、コルセットなどによる治療方法と手術をする治療法にの二種類に分けられます。

装具による側弯症の治療

25度以上と診断を受けると、専用の装具による固定法が行われることがおおいようです。コルセットで曲がりが完全に完治することはないが、装具はある程度進行を遅くする為、手術となってもそのタイミングを遅らせる効果がある。しかしながら、コルセットなどの装具を付けての日常の生活は苦痛を伴う為、コルセットなどの装具の装着を辞めてしまう方達も少なくなく、現実には、その効果を感じる人達はごく少数です。また長期的に装着することが必要であるが、側弯症の進行が止まる時期、つまり成長期が終わるまで装着する必要があって側弯症の装具での治療はとても忍耐が必要なものになる。

手術

50度以上と診断されると、スクリューやロッドを挿入し脊椎を調整するする外科手術をします。この場合も完全に治ることは無い。手術による「側彎症」の治療の後は、背骨の動く角度は少なくなります。また、側弯症の曲がりに伴い、肋骨の変形があり肋骨の湾曲の度合いによっては、肋骨の切除が必要なこともあるようです。大変な手術になるので、体への負担を心配し手術をためらう人もいます。

整体などの民間療法による治療

骨格矯正を主とする整体は側弯症の方達が数多く診察に来ます。整体は古くから「側弯症」の施術を経験してきた歴史があります。しかし、今でも全ての側弯症に特に有効な治療法は見つかっていない。だが、ある一部の側弯症に限ってはとても効果的で大きな改善がみられることがあるようです。注意したほうがいいのは、「「側彎症」を治します」とか「側湾症専門」など、あたかも「側彎症」が簡単に治る病気のように広告する整体は詐欺まがいの治療院かもしれません。整体の矯正で良くなる「側彎症」は、「側彎症」全ての一部のある条件がそろった側弯症のみなんです。「側弯症」が治るなどと気軽に言うエステや整体に行くのは考え直した方がいいかもしれません。そんなことも考慮したうえであれば整体の矯正をを試してみるのは良いことだと思います。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

2024年4月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ閻ー逞・ 閻ー逞帶イサ逋ゅ→鬪ィ逶、遏ッ豁」

腰痛を改善する整体の矯正

腰痛の治療と整体

腰痛とは腰の部分の炎症や痛みを症ずる状態を指します。ほとんどの「腰痛」は、だいたい発現から数週間以内に症状が消失します。しかし、大多数の腰痛は再発を何回も繰り返しその中の何%かは運動に大きな支障をもたらす重大な状態になる可能性があります。「腰痛」は大きく分類すると急性の腰痛と慢性の腰痛に分けられます。急性の腰痛は、突然痛くなるような「ぎっくり腰」を含めて痛みが出て少ししか時間の経過していない腰痛です。慢性の腰痛は長期間痛みなどの不快な状態が腰部につづく「腰痛」で痛みの軽減と発現を繰り返しながら長い期間続く場合もある。人生で80パーセントくらいの人が一度は、「腰痛」を発症すると言われています。

腰痛の分類

腰痛」は急性腰痛と慢性腰痛という発病してからの日数で分類されるだけでなく、当然のこと要因によっても分けられます。要因による腰痛の種類には、急性腰痛症,腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、腫瘍(癌)、心因性腰痛、などある。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの腰痛は、老人には普通にみられる腰痛でレントゲンなどの画像診断をすると多くの場合高齢の人達に見られますが、これらは高齢者の腰痛の要因では無いという話もあるみたいです。これは手術によって腰痛の病変を取り去っても「腰痛」が治らないことが多いためです。緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は、筋肉や筋膜などに過度な負荷が掛かることで、筋肉や筋膜などが収縮することによって引き起こされる「腰痛」です。慢性腰痛は腰痛が、3ヶ月以上続く長期の「腰痛」です。原因がわからない「腰痛」もたくさんありストレスや不安などが要因の精神的な「腰痛」ではないかと思われる。急性腰痛こじらせて慢性腰痛に移行することもあるのです。

他の腰痛

「腰痛」は大きな疾病が隠れている場合もあり緊急性が高く致死性のある疾病もある。緊急性があり、死ぬ可能性のとても高い腰痛の要因に腹部大動脈瘤大動脈解離、腎梗塞、急性膵炎、などあげられます。とくに注意しなければならない腰痛には、腹部感染症、脊椎感染症、悪性腫瘍、などがある。腰痛の要因になるこのような疾病に関しては、要因である病を治さないかぎり腰痛が治ることはない。「腰痛」以外に症状があるときは、腰痛以外の病気が隠れているか検査してみることが必要になります。たんなる「腰痛」とたかをくくっていると命取りにもなりかねません。腰痛の中には生命に係る恐ろしい腰痛もあることをわかっておく必要があります。

非特異的腰痛の要因

精神的要因(ストレス、不安など)、妊娠、肥満、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。精神的な要因による腰痛は、要因がはっきりしない腰痛などに対してよく用いられます。しかし、MRIやレントゲンなどに要因らしいものが写らなかったからといって精神的要因だというのは間違いです。MRIやレントゲンに全ての要因が映し出されることはなく、反対にレントゲンやMRIに写しだせない原因の方がずっと多いことからも、心因性だと判断されたからといって肉体的な原因がないと楽観視することはできない。

腰痛と整体の施術

「腰痛」の治療は、さまざまな対処法が使われる。これは、「腰痛」の要因が様々あるというだけでなく、決定的な治療法が無いということです。一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使う治療と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。テーピングやコルセット。温熱療法や電気治療。マッサージや鍼治療。色ろな治療法が腰痛治療で使われますが、その中でも最も効果があると言われるのが「整体」のような骨格矯正です。整体は、脊椎や骨盤など身体のバランスを改善することにより「腰痛」を治療します。骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の大きな原因になります。「整体」は腰痛の原因になる背骨骨盤を整えます。

整体の腰痛の矯正

「整体」の腰痛治療はふつうボキボキ関節を矯正するのをイメージする人達がほとんどではないでしょうか?基本的に急性の腰痛(ぎっくり腰)などには、このようなボキッっとする方法を「整体」ですることはない。また、急性の腰痛に対してぼきぼきするような治療をする整体は、気を付けた方がいいかもしれません。「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対して「整体」はぼきぼきしない方法で脊椎や骨盤の治療を行います。「整体」にもやさしい施術があります。慢性腰痛に関しては、「整体」の施術にもよるがぼきぼきする調整をする場合もある。整体は、ボキッっとするやり方やボキッっとする施術法に関係なく脊椎や骨盤を治療するためすごく効き目が高いので、「腰痛」で困っているなら一回「整体」の矯正を受けてみることをお奨めします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

2024年4月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

整体

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

整体

整体は日本では普通手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を示す言葉。
また、肉体を整える治療方法全てに対して使用される言葉です。
日本語として大正時代に使用され始めた言葉で、米国(アメリカ)で誕生した療法・オステオパシー(整骨医学)を「整体」と言い換えたのが始まりだと言われています。
現在世間一般に用いられる意味ではカイロプラクティック(Chiropractic) に似た脊椎矯矯正法(主に脊椎)を目的とした手技療法を指して使用されるケースがおおい。
脊椎・骨盤・四肢など、体全体の骨格や関節の歪みの矯正、骨格筋の調整などを、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と矯正器具でおこなう治療及びその行為を指しているという人もいるが統一された形態は無い。
徒手的治療により様々な症状を治癒させることを目的とする治療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表ともいえるものがカイロプラクティック「オステオパシー」です。治癒力を高めることと手技療法が治療の中心であるという共通点があるが、治療哲学や着手方法の仕方は違っています。
どちらも19世紀後半にアメリカで生まれた施術法(せじゅつほう)です。カイロプラクティック(脊椎矯正法)は脊椎間のサブラクセーション(亜脱臼、不全脱臼)を手で調整「アジャストメント」して、病気を治癒させようとする施術法。オステオパシーは体の構造の歪みは体循環に悪影響をおよぼし、神経伝達や内分泌、血液の循環んを妨害すると考え、脊柱だけでなく全ての筋肉や骨格構造、内臓、頭蓋骨が施術の対象とします。
脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れの改善やリンパ液の流れの改善も目的とされています。カイロプラクティックとオステオパシー (Osteopathy)の論理・技法は整体や指圧といった日本の手技療法に大きな影響をあたえた。

施術

整体では決められたやり方はなく人によってする事は異なる。大正時代伝えられた「オステオパシー」やカイロプラクティック(脊椎矯正術)など欧米より伝来の治療法を主とする整体(せいたい)、日本古来の格闘術の柔術(じゅうじゅつ)骨法(こっぽう)などの流派に伝承される施術を利用した整体、中医学の施術を用いた整体、各団体の独自の理論や思想などを加えた整体(せいたい)などがあるともいわれる。
民間療法であり、医療の制度から見て代替医療の一種であるが、保険適用外であるため、通常医療と同時に通常の医療現場で補助療法として用いられることはない。法制度からは医業類似行為の一種とされています。「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法(せいたいほう)」「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています。明治末ごろから出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティックオステオパシー (Osteopathy)、光線療法、電気治療などの方法を用いて病気改善の目的で業となす行為を「療術」と言うが、整体もこの一種とされています 。
整体は論理・術が統一されていないため、整体(せいたい)を冠する療法家それぞれが自説を語っている。
カイロプラクティック(背骨矯正療法)のような科学的・「物理的」施術と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で時々に使われる内臓体壁反射などの論理の合わせたものとなっています。
体全体の各関節(脊柱・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と筋肉のアンバランスの補正など主に手足による手技(道具は、補助として使用する)で行う施術です。

カイロプラクティック整体猫背矯正慢性疲労x脚x脚カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

2024年4月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

O脚矯正と整体院

O脚矯正(オオキャク矯正)

O脚矯正

女性の脚の歪みの悩みでもっとも多いのがO脚ですがこのO脚が日本の女の子に多いことを知っている人は少ない女性の方でO脚が気になっている人は、多いと思うのですが、近頃では男の人もO脚を気にして矯正を受けに来ることも多いと言われています。O脚のように曲がった脚は、見た目も悪く脚が太って見えてしまいます。特に夏など脚を出すことの多い女性にとっては、外見の悪さが大問題になります。見た目だけでなくO脚は、腰痛、肩凝り、脚のむくみ、便秘、生理痛、頭痛などの疾病の原因になっている場合もあり、歳をってから膝の関節の大きな変形をきたし、膝を曲げられない、膝に水が溜まる、関節の痛みで歩けない、みたいな症状で苦労することになるかもしれません。

O脚の原因?

O脚の原因には先天的なものと、後天的な(後から身につける)ものが、ある。先天的なものは、遺伝によって受け継がれたものです。後天性のものは、生活習慣によって下半身の骨が徐々に歪んできたものです。イスや床に座る時の癖や歩行時の癖などで脚の関節が歪んでいきます。成長期の骨格が大きく成長する時の影響は大きく、ほとんどの場合、成長する時にO脚になります。また、O脚は高齢になって骨や筋肉が弱くなると急激に歪みが悪化してくる事が多く、関節が歳をとると共に大きく変形してくるのが原因になっています。

O脚って改善できるの?

以前は、O脚の原因は解っていなくてひとたびO脚になってしまったら真っ直ぐになれないと言われていましたが、近頃ではO脚のほとんどは改善することが解ってきました。変形してしまった骨格は真っ直ぐにすることはできませんが、膝関節、股関節、骨盤などの骨格を修正することによってO脚を真っ直ぐに近付けるように調整することができます。O脚で悩んでいるのでしたら一度O脚矯正受診してみるのもいいですよ。

O脚矯正と整体

O脚の矯正法ですごく効果がるのが整体です。整体は関節を調整する治療法で、当然脚の調整の専門家でもあります。整体のO脚矯正では、骨盤、股関節、足首の関節、膝関節などを様々な方法で調整することで曲がった脚を真っ直ぐに矯正していきます。O脚の状況によっては機械を用いることもありますが、基本的に手技療法によって調整します。整体のO脚矯正は、一回目から変化が出ることが多く、すごく有効なのがわかります。ただし、整体のO脚矯正といっても整体師ごとに治療方法が違い、とこの整体院でも同じような治療ができる訳ではないのです。整体は技術です。整体師の力量にとても大きな差があるのです。しっかり調べてからいってみるのがいいと思います。O脚矯正をしている整体院でもホームページに矯正したO脚の写真を掲載していない治療院などは行くのを一度考えた方がいいかもしれません。O脚の治療の実績がまったくない治療院かも…。危険なのが初めから高額な回数券をすすめたり、カードローンをすすめてくる所も考えた方がいいかもしれません。最初の数回はようすを見る為に回数券やローンを組まずにいた方がいいと思います。

O脚を改善しよう

O脚は、高齢になると脚の痛みだけではなく体全体に悪影響を及ぼすものです。矯正するにしても若いうちに治療しないとO脚の矯正じたいが困難になります。整体の骨格矯正で改善できるといっても、股関節や膝関節などの変形が進んでからでは何もできません。O脚になったら早急に矯正することをお奨めします。整体が効果的と言っても限界があるので、矯正できなくなってからでは手遅れです。O脚を治したいのであれば一回整体に行ってみることをおススメします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

2024年4月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101

繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ鬪ィ逶、遏ッ豁」

骨盤矯正とカイロプラクティック

骨盤矯正

最近は「骨盤矯正」という言葉をネットやテレビや週刊誌で見かけることが増えてきました。「骨盤矯正」とはどんなものなのか解っている人は少ない。「骨盤矯正」はどのようなものか解説してみる。「骨盤矯正」のことを理解し間違いの無い骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それと仙骨の先につながる尾骨からなっています。外科などの病院の治療ではふつう「骨盤」の修正は行いません。なぜでしょうか?一般の整形外科では骨盤はズレないと思っていて骨盤が日常生活でズレてそのことが体の異常の原因になってしまうことはないと思っているからです。(だが一部の整形外科で骨盤の調整を独自の方法で行っている病院もわずかですがあります)。例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレた時(骨盤の関節の脱臼、捻挫のような状態)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を修正する場合があります。この場合は、手術のようなかたちで骨盤の施術を行うことが多いようです。また産婦人科では、出産後に骨盤の関節の歪みを改善するように骨盤を閉めつけて安定させるベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?

普通の医療では、骨盤はズレないと言われ、「カイロプラクティック」では骨盤はズレると言われ、どちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを説明していきます。まず、カイロプラクティックでいうところの「骨盤」がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫なのどように、レントゲンなどの画像診断で見て分かるような大きな歪みは扱いません。

一般の医療では?

婦人科などの一般医療では、レントゲンなどの画像で見ることのできない程度の歪みは痛みなど身体の不調の要因になることは無いと考えています。その他にも骨盤の動きは微妙で例外的に出産するときに可動するくらい。中年くらいになると腸骨と仙骨はくっついてしまう為、骨盤は普通可動することはないと考えられているみたいです。

カイロプラクティックの骨盤矯正

カイロプラクティックなどでおこなう骨盤矯正では、日頃から骨盤の少しのズレを施術した直後に患者の痛みがよくなるのを体験しています。現実に「骨盤」の仙腸関節の周りには神経、筋肉、靱帯、が存在しちょっとのズレでも筋肉、神経、靱帯を刺激します。レントゲン写真などの画像でひずみが見つからなくても骨盤が歪んでいて、そのひずみを修正する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこのためです。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?

ズレた「骨盤」は、色々な痛みを肉体に出現させます。骨盤がひずむと骨盤に乗る脊椎がひずみます。背骨が歪むと背骨の中を通っている神経や血管、身体を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、全て肉体にとって凄く重要なものでどれか一つが侵されても身体に異常が起きてきます。

骨盤が原因の身体の異常

背骨がズレると背骨より出ている神経の機能が狂います。内臓の障害や運動器官の異常など体のさまざまな部分が神経の情報で操られているのでこれら全ての肉体の異常に関連してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ひずんだ身体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負荷がかかるため、慢性的な凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

体が歪むことによる血行不良

肉体のズレによって血管を圧迫されることで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの原因になります。

カイロプラクティックと骨盤矯正

手技療法によるカイロプラクティックの骨盤矯正ではおおくの場合手技によってなされます。矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般的には手でします。また、ベルトのような骨盤を固定する道具も使う事もあるようです。普通治療の痛みは伴わないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に調整を行う方法を使う治療師もいる。正常な骨盤の場合は、「骨盤」の仙腸関節の可動性は凄く狭く大きく動くことは無い。この少しの可動域を矯正によって可動させるので普通は強い力を使うことはないのです。

カイロプラクティックで行っている骨盤矯正

骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強くつながっていますが、筋肉や靱帯などの柔らかさの許す範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできません。「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをネット、テレビ、雑誌などで見ますが、騙されないように。骨盤にどんなに力をかけても眼で見て分かるほどの変化はしません。このような広告をする「カイロプラクティック」は骨盤の上に乗るなど強い力を加えるなどして矯正します。すごく強い力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う人もいますが、見た目で分かるほど動いたときは「骨盤」の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。治療した後に変化したと思う人もいるみたいですが勘違いみたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で違いが分かるほど可動していることはないのです。逆に見た目で動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、仙腸関節の強い痛みが発生しているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正

例外として骨盤が普通異常に可動することがある。それは、出産時です。出産時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩んで骨盤が、開くように動きやすくなっていきます。出産時には恥骨の間が2㎝ほど開きますが、出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性は無い。出産時でも決して大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど調整で大きく動くことはありえません。歯の矯正のように数年間にわたって力を加えるようなコルセットなどを使えば少しずつですが動かしていくことはできるでしょうが現実的に無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

「カイロプラクティック」でする「骨盤矯正」は、体形などを変化させるようなものではなく肉体をバランスのとれた理想の状態に整えることが目的なんです。骨盤の腸骨と仙骨の関節が小さなひずみでも痛みを発することがありますし、骨盤のわずかな歪みを肉体全体をひずませ健康などに大きな影響を与えます。骨盤を整え体をバランスのとれた良い状態に保つことで、健康を保って痛みや凝りを治します。もし「骨盤」が歪んでいると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいでしょう。「骨盤」は体の土台です。骨盤が傾けば身体全体が傾きます。健康な体は姿勢から!カイロプラクティック矯正はとっても効果的な手助けになります。

整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

2024年4月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101