謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

磐田市、骨盤矯正、整体

異邦人 / 久保田早紀

【ゆっくり解説】眼も胃も無い捕食者~食虫植物の進化~

Thunder Boat: Inside the French Navy’s amphibious helicopter carrier “Tonnerre” (L9014)

悪役ドアが開く

【板ガム】美味しかったのに何故・・・【ゆっくり解説】

【1989年沖縄】毒魚とは知らずに焼いて食べてしまったカップル 彼らを苦しめた「シガテラ」とは?【ゆっくり解説】

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

近頃では骨盤矯正というのをネットやテレビで見ることが多くなりました。

「骨盤矯正」とは、どのようなものなのか解っている人は多くない。

骨盤矯正はどのようなものか解説していきます。

骨盤矯正」のことを知って、間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨とその中間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨の先についている尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の施術はなされません。

なぜか、一般の整形外科では「骨盤」はズレないと考えられていて、骨盤が普段の生活でズレてその歪みが身体の不調の原因になるようなことはありえないと思っているからです。

(だがしかし一部の整形外科で骨盤の矯正を独自のやり方で行っている整形外科もわずかですがある)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな負荷が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元どおりの状態に戻すように骨盤を矯正する場合があります。

この場合、手術によって骨盤の治療をされることが多いみたいです。

また産婦人科では、出産後に骨盤の関節の不安定性を修正するように骨盤を締め付けて安定させる骨盤ベルトのような装具をすすめる病院が増えてきました。

骨盤はズレるのか?

病院の医療で骨盤は歪まないとされており整体などの手技療法では骨盤は歪むと考えていてどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説していきます。

まずは、「整体」でいうところの骨盤がズレると言うのは、整形外科などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲンなどの画像でわかるような大きなズレは扱うことはありません。

病院では?

整形外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像で分からないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えます。

これ以外にも骨盤の動きはわずかで例外的に出産するときに可動するくらい。

歳をとると腸骨と仙骨はほぼくっついてしまうので「骨盤」は通常動くことはないと思っています。

整体の骨盤矯正

整体の骨盤矯正では、普段の施術で「骨盤」の少しのひずみを矯正したあとに患部の痛みが良くなるのを体験します。

事実「骨盤」の骨盤の周辺には靱帯、神経、筋肉があって少しの歪みでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激してしまいます。

レントゲン写真などの画像でズレが見られない場合でも骨盤が歪んでいて、そのズレを治療する必要があると「整体」で考えるのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み

歪んだ骨盤は、いろいろな痛みなどを体に出現させます。

「骨盤」がズレると骨盤に乗る脊椎がズレます。

脊椎が歪むと脊椎の中に入っている神経や、身体を保持する筋肉や靱帯、全身に栄養や酸素を送る血管に負担がかかります。

これらは、全て肉体にとって凄く重要なものでどれか一つが侵されても身体に異常が起こります。

骨盤が原因の身体の異常

背骨が湾曲すると背骨から出ている神経機能が障害されます。

内臓の異常や運動機能の障害など身体の色々な部分が神経でコントロールされているので、すべての体の障害に関連してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

歪んだ体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負荷がかかる為、慢性の凝りや痛みの要因になったり、運動能力の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

体のズレによって血管などを圧迫されることで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因になる。

整体でおこなう骨盤矯正

手技療法による「整体」の「骨盤矯正」は、多くの場合手技によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用することもあるようではあるが、一般には手でします。

また、コルセットのような骨盤を固定する道具も使う事もあるようです。

一般に施術の痛みをともなわないのが普通なのですが、中にはとても強い力で無理に矯正をする方法を使う治療師もいる。

普通の骨盤の場合、骨盤の関節の動きは凄く狭く大きく動くことはない。

この微妙な動きを治療によって可動させるので基本的に強い力を必要とすることはありません。

現実の整体の骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、筋肉や靱帯などの柔らかさの範囲でしか骨盤の関節は可動することはできないのです。

骨盤が開いているから、「骨盤」を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、雑誌、ネットなどで見ますが、騙されないで。

骨盤にどれほど力をかけても見た目で分かるほどの動きはしません。

こんな広告をする「整体」は骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて修正します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える人達もいますが、目に見えて分かるほど可動した時は骨盤の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。

治療した後変化したと思う人もいるようですが、プラシーボ効果のようなもので変ったような気がしているだけなんです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が目に見えて変化が自覚できるほど可動していることはありえません。

逆に目に見えて変化が分かるほど骨盤が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、関節の痛みが出現するはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外として「骨盤」が通常以上に可動する場合があります。

それは出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩んで骨盤が、広がるように可動しやすくなっていきます。

出産の時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はありません。

出産の時でも決して大きく動かない骨盤が外見で分かるほど調整で大きく動くことはありません。

歯列矯正のように何年か力を加え続けるような骨盤ベルトなど使用すればすこしずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実的に無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

「整体」で行う「骨盤矯正」は、体形などを変えるようなものではなく肉体をバランスの整った理想的な状態に正すことが目的なんです。

骨盤の関節は小さなズレでも痛みを発症することもありますし、骨盤の少しの歪みを身体全体を歪ませ健康などに影響を与えます。

骨盤を修正して身体をバランスがとれた理想的な状態に戻すことで健康を保ち痛みや凝りを治します。

もし骨盤が曲がっていると思ったら「骨盤矯正」をしてみるのもいいと思います。

骨盤は、肉体の土台です。

骨盤が歪めば背骨が傾ていしまいます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」矯正法はとても効果的な手助けになる。

浜松市西区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です