謨エ菴薙→鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市中区、整体

【シンクロムービー】インド式ラジオ体操 (ラジオ体操 × インド映画)

【寝台列車】なぜ衰退?寝泊まりできる夜行列車はなぜ消えたのか【ゆっくり解説】

【朝4時】朝市でまさかの魚発見!そして秘密の場所に案内されました。

星空のディスタンス

【恐怖】当時は麻酔なしで手術をしていた!【江戸時代】

天の川銀河の形はどのようにして分かったのか

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

近頃では「骨盤矯正」という言葉をテレビや週刊誌やネットで見かけることが多くなってきました。

骨盤矯正」とはどのようなものなのかわかっている人達は多くありません。

骨盤矯正はどのようなものか説明してみます。

骨盤矯正のことを理解して間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先っぽにつながる尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療では普通「骨盤」の治療はおこないません。

なぜか、一般医療では骨盤はズレないと思っていて骨盤が日常生活で歪み、そのことが身体の異常の原因になることはありえないと思っているからです。

(だがしかし一部の整形外科では骨盤の施術を独自にしている病院も少ないながらもある)。

例外としては、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな力が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元どおりの状態に戻す為に「骨盤」を治療することがあります。

この場合は、手術によって骨盤の施術をおこなうことが多いみたいです。

また産婦人科では、産後に骨盤の関節のズレを改善するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?

一般的な医療で骨盤はズレないとされていて整体などの手技療法では骨盤はズレると考えていてどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説してみようと思います。

まずは、整体で言う骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲンなどの画像でわかるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

産婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で見て分からない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の要因になることは無いと考えます。

これ以外にも骨盤の可動性は少なく例外的に出産するときに動く程度。

中年くらいになると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまう為、骨盤は通常では動くことは無いと考えています。

整体では?

手技療法などで行われている骨盤矯正では、常日頃から「骨盤」のほんの少しの歪みを治療した結果症状がなくなるのを体験しています。

現実に骨盤の仙腸関節の周りには筋肉、神経、靱帯が存在し少しのひずみでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激してしまいます。

レントゲン写真などの画像診断で歪みが認められなくても骨盤がひずんでいてそのひずみを施術する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

ズレた骨盤は、さまざまな痛みを肉体に出現させます。

「骨盤」がひずむと骨盤に乗っている脊椎がズレます。

背骨がひずむと脊椎の中を通る神経や、肉体を保持する筋肉や靱帯、全身に栄養や酸素を送る血管などに負担がかかります。

これらは、どれをとっても肉体にとってとても重要なもので、どれが障害されても身体に異常が起こります。

骨盤が原因で神経圧迫

背骨が湾曲すると背骨より出る神経の機能が狂います。

内臓の異常や運動器官の異常など体のあらゆる部分が神経でコントロールされているので、すべての体の障害に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ひずんだ肉体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかる為、慢性の凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良

体の歪みによって血管などを圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

整体で行う骨盤矯正

手技療法による整体の骨盤矯正では主に手によって行われます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もありますが、一般には手で行います。

また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する道具も用いることもある。

ふつう治療の痛みをともなわないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に調整を行う方法を使用する整体師もいる。

普通の「骨盤」の場合、骨盤の関節の動きはとても狭く大きく動くことはない。

この微妙な可動域を施術で動かすので、普通は強い力を使用することはないのです。

整体でおこなっている骨盤矯正

骨盤の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔らかさのゆるす範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできない。

「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをネット、テレビ、雑誌などで見られますが、騙されないように。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるだけの変化はしません。

このような広告をする「整体」は「骨盤」の上に乗るなどして大きな力を加えて調整します。

凄く大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える人達もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど可動した場合は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前と治療後で変わったと感じる人達もいるようですが、気のせいみたいなもので変ったような感じがしているだけです。

「骨盤」の仙腸関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が目に見えて変化が分かるほど動いていることはないのです。

逆に目に見えて違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、腸骨と仙骨の間の関節の強い痛みが出現するはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正

例外として骨盤が通常以上に動くことがあります。

それは出産時です。

出産時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩み骨盤が広がるように動きやすくなります。

出産時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産時以外では骨盤の恥骨の関節はこのような柔軟性はない。

出産時でもそんなに大きく開かない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく動くことは無い。

歯の矯正のように何年か力を加え続けるようなコルセットなどを使用すればすこしずつですが矯正していくことはできるでしょうが現実では無理があります。

骨盤矯正をしよう!

「整体」でおこなわれている骨盤矯正は体形を変化させるものでなく肉体をバランスの整った理想の状態に整えることが目的です。

骨盤の関節はちょっとの歪みでも痛みを発症することもあるし、「骨盤」のわずかな歪みを体全体を歪ませ健康などに影響を与えます。

骨盤を整え体をバランスがとれたいい状態に維持することで健康を保って凝りや痛みを改善します。

もしも「骨盤」がひずんでいると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいとおもいます。

骨盤は体の土台です。

骨盤が傾けば身体全体が傾きます。

健康な体は姿勢から!「整体」の治療はすごく有効な手助けになります。

骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です