鬪ィ逶、遏ッ豁」縲∵紛菴・ 鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縲∵紛菴・ 鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 謨エ菴薙€・ェィ逶、遏ッ豁」

骨盤矯正、整体

こんなに素晴らしい○○に囲まれてる日本人は幸せです!娯楽を越えた至高作品について岡田斗司夫が語ります【岡田斗司夫/切り抜き/アニメ/マンガ/小説/映画/創作物/文化/切り抜き】

T29 ~遅すぎた猛獣ハンター~

【1998年岩手】知らない間に真っ黒になっていた肺…その原因は現場の『粉』?【ゆっくり解説】

【シンクロムービー】ヤマダ電機 × インド映画

【ゆっくり解説】歩きスマホする女性がエレベーターに乗るも、致命的なミスのため大ケガを負いました

【ゆっくり歴史解説】なぜ武田軍は長篠の戦いに敗北したのか?/徳川織田軍の三段撃ちはウソだった。

【長篠の戦いの真実】

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近では「骨盤矯正」と言うものをネットやテレビで見かけることが多くなってきました。

「骨盤矯正」は、なんなのかわかっている人達は多くない。

「骨盤矯正」はどんなものなのか説明してみる。

骨盤矯正のことを知って、間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の先っぽについている尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療は一般的に「骨盤」の施術はすることはありません。

なぜだと思いますか?一般の整形外科では骨盤は歪まないと思われていて骨盤が普段の生活で歪み、そのズレが身体の異常の原因になることはありえないと思っているからです。

(だがしかしある一部の整形外科で骨盤の施術を独自の方法でしている整形外科もわずかにある)。

例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように大きな負荷が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだ時(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫みたいなこと)、元の状態に戻すように骨盤を修正することがあります。

この場合は、手術によって骨盤の矯正をすることが多い。

また婦人科では、出産後に「骨盤」の関節の緩みを調整するように「骨盤」を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものをすすめる病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

一般的な医療では、骨盤は歪まないとされており「整体」などの民間療法では「骨盤」はズレると言われていていったいどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを説明してしてみたいと思います。

まず、「整体」でいうところの骨盤が歪むと言うのは、病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像診断で見て分かるようなひどい歪みは扱うことはありません。

一般の医療では?

外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見て分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えています。

他にも骨盤の可動性はわずかで例外的なのは出産する時に可動するくらい。

中年くらいになると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうので骨盤は通常では可動することはないと考えています。

整体などの手技療法では?

整体などで行う「骨盤矯正」では、普段の施術で骨盤の微妙なズレを施術することで患者の症状が解消されるのを体験します。

事実「骨盤」の仙腸関節の周りには神経、筋肉、靱帯、が存在しわずかなズレでも神経、筋肉、靱帯、を刺激します。

レントゲンなどの画像診断でひずみが写らない場合でも骨盤がひずんでいてその歪みを治療する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になる

ひずんだ「骨盤」は、色々な不調などを肉体に出現させます。

骨盤がズレると骨盤に乗っている背骨が湾曲します。

背骨が歪むと脊椎の中に入っている神経や、身体を保筋肉や靱帯、全身に血液を送る血管などに負担がかかります。

これらは、全て体にとってとても重要なもので、どれか一つが侵されても身体に障害が起きます。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

背骨がひずむと背骨から出る神経機能が狂います。

内臓機能の異常や運動機能の障害など体のあらゆる部分が神経の命令で操られているのですべての肉体の異常に関わってきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

歪んだ肉体は、関節、筋肉、靱帯に異常な負担がかかる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

身体の歪みによって血管を圧迫されることで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの原因になる。

整体と骨盤矯正

手技療法などによる「整体」の骨盤矯正は、主に手によって行われます。

矯正器具や矯正ベッドを使用することもあるようではあるが、一般的には手でするようです。

また、骨盤ベルトのような骨盤を圧迫する道具も使う事もあるみたいです。

ふつう矯正の痛みは伴わないのが普通なのですが、その中にはすごく強い力で無理やり調整を行う方法をもちいる治療師もいます。

普通の骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の動きはとても狭く大きく動くことは無い。

この微妙な可動域を治療により動かすので、基本的に強い力を用いることはない。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔らかさのゆるす範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできません。

「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことを雑誌、ネット、テレビなどで見ますが、騙されないで下さい。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるほどの動きはしません。

こんな広告をする整体では、骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えるなどして調整します。

すごく大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると考える人もいると思いますが、目に見えて分かるほど可動したときは骨盤の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。

治療前後で変化したと感じる人達もいるみたいですが勘違いみたいなもので変ったような感じがしているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で変化が分かるほど可動していることはない。

逆に見た目で違いが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、関節の痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正

例外的に「骨盤」が、通常以上に動く場合があります。

それは、出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ骨盤が開くように可動しやすくなる。

出産時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性は無い。

出産時でも決して大きく広がらない骨盤が、見た目で分かるほど治療で大きく可動することは無い。

歯の矯正のように数年にわたって常に力をかけるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していくことはできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!

整体でおこなわれている「骨盤矯正」は体形を変えるものでなく体をバランスのとれた健康な状態に戻すことが目的です。

「骨盤」の関節は多少の歪みでも痛みなどを発症することもあるし、「骨盤」のわずかな歪みを体全体をひずませ健康に影響を与えます。

骨盤を矯正して体をバランスのとれた理想的な状態に維持することで健康を保って痛みや凝りを解消します。

もし骨盤がズレているとおもったら骨盤矯正を受けてみるのもいいでしょう。

骨盤は、体の土台です。

骨盤が傾けば身体全体が傾きます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」矯正はとっても有効な助けになります。

浜松市中区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です