謨エ菴薙→鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

磐田市、骨盤矯正、整体

【今すぐ確認】パソコンの健康状態をチェックしよう!

圧倒的な大きさ!戦艦並の巨砲を積むドイツの秘密兵器「シュトルムティーガー」の威力

【狂犬病】検疫で避難民のペットに特例措置!?それってホントに大丈夫?

【マジ?】本当は実在しない雑学10選

ランボルギーニ カウンタックレプリカ Lamborghini Countach Replica

【2ch感動スレ】おバカな彼女、実はガチの天才だった【ゆっくり解説】

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近では「骨盤矯正」と言うものをネットや週刊誌やテレビなどで見ることが多くなりました。

骨盤矯正は、なんなのか解っている方は少ない。

「骨盤矯正」はどんなものなのか解説してみる。

骨盤矯正」のことを理解し間違いない「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、左右一対の腸骨とその中間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の先についている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療は一般的に骨盤の治療はおこないません。

なぜかと言うと、病院では「骨盤」はズレないと考えていて「骨盤」が普段の生活でズレてそれが身体の異常の要因になるようなことはないと思っているからなのです。

(だがある一部の整形外科では骨盤の修正を独自の方法でしている病院も少ないながらもある)。

例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強い負荷が「骨盤」に加わり骨盤の関節が大きくズレた場合(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元の状態に戻すように骨盤を調整することがある。

この場合は、外科手術で骨盤の矯正をおこなうことが多いみたいです。

また産科では、出産後に骨盤の関節の緩みを治すように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものをすすめる病院が増えてきました。

骨盤はズレるのでしょうか?

病院などの医療では、「骨盤」はズレないとされており整体などの民間療法では骨盤はズレるといわれいったいどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそのような違いが出るのかを説明してみます。

まずは、「整体」でいうところの骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲンなどの画像診断でわかるような大きなズレは扱うことはありません。

病院では?

婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像で見て分からないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の原因になることは無いと考えているのです。

他にも「骨盤」の可動性は微妙で例外的に出産時に開く程度。

中年以降は仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常では動かないと考えています。

整体の骨盤矯正は?

整体でおこなう骨盤矯正は、常日頃から骨盤の微妙なズレを治療していくことで患部の症状が改善されるのを経験しています。

実際骨盤の仙腸関節の周りには筋肉、神経、靱帯などが存在してわずかな歪みでも神経、筋肉、靱帯、を刺激してしまいます。

レントゲン写真のような写真で歪みが見られない場合でも骨盤がひずんでいてそれを施術する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

歪んだ骨盤は、さまざまな異常を肉体にもたらします。

「骨盤」がひずむと骨盤に乗っている背骨が歪みます。

背骨がズレると脊椎の中を通る神経や血管、体を保靱帯や筋肉、全身の臓器に血液を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても身体にとってとても重要なもので、どれが障害されても身体に異常が起きてきます。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨がズレると脊椎より出る神経の伝達が狂います。

内臓諸器官の異常や運動器官の異常など肉体のさまざまな部分が神経の情報で操られているので全ての身体の異常に関わってきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ひずんだ体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負担がかかる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

体が歪むことによる血行不良

体の歪みによって血管を圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

骨盤矯正と整体

手技療法による整体の骨盤矯正はおおくの場合手技によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用する場合もあるが、一般的には手でおこないます。

また、骨盤ベルトのような骨盤を圧迫する器具も用いる場合もあります。

ふつう治療の痛みは伴わないのが普通なのですが、中にはすごく強い力で無理やり治療を、もちいる治療師もいます。

正常な骨盤の場合は、骨盤の関節の可動域はとても狭く大きく可動することは無い。

このわずかな動きを調整により可動させるので基本的に強い力を用いることはないのです。

整体の骨盤矯正の現実

「骨盤」の関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさの範囲でしか「骨盤」の仙腸関節は動くことはできないのです。

「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、雑誌、ネットで見られますが、騙されないで下さい。

「骨盤」にどれほど力を加えても見た目で分かるほどの変化はしない。

このような宣伝をする整体骨盤の上に乗っかるなどして強い力を加えるなどして治療します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う人もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど動いた場合は骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまう為、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。

治療前と治療後で変化したと思う方達もいるみたいですが気のせいみたいなもので変ったような感じがしているだけです。

「骨盤」の関節に損傷が無ければ骨盤が見た目で違いが分かるほど動いていることはないのです。

かりに見た目で変化が分かるほど骨盤が動いたのであれば、関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、仙腸関節の痛みが出現するはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外的に骨盤が通常以上に動くことがある。

それは、出産する時です。

出産時は、ホルモンによって「骨盤」の関節がゆるみ骨盤が開くように可動しやすくなっていきます。

出産時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はない。

出産時でもそんなに大きく動かない骨盤が、見た目で分かるほど調整で大きく動くことは無い。

歯の矯正のように何年か常に力を加えるような骨盤ベルトなど使えば少しずつですが動かしていくことはできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤矯正をしてみよう!

整体でおこなわれている骨盤矯正は体形などを変えるものでなく体をバランスの整った健康な状態に正すことが目的です。

「骨盤」の仙腸関節は、わずかな歪みでも痛みなどを発症することもあるし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体をひずませ健康などに大きな影響を与えます。

「骨盤」を矯正して身体をバランスのとれた良い状態に保つことで、健康を保ち痛みや凝りを改善します。

もしも骨盤がひずんでいるとおもうのであれば骨盤矯正をしてみるのもいいでしょう。

骨盤は肉体の基礎です。

骨盤が歪めば体全体が傾ていしまいます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」施術はとても効果的な手助けになる。

浜松市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です