謨エ菴薙€・ェィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市、骨盤矯正

3億2000万米ドルのフル装備のB-1ランサーがフルアフターバーナーで離陸

【ひろゆきが絶賛】岡田斗司夫”アイデアの作り方” 凄すぎて鳥肌モノ【 ラブスマホ ラブ携帯 ラブテレフォン】【岡田斗司夫 / 切り抜き / サイコパスおじさん】

【漫画】女を煎餅にする拷問。

プレス機で挟み…ハンマーで叩く。

【ゆっくり解説】ロス・アルファケス大爆発事故 スペイン

【史実】日本軍731部隊の人体実験。

捕虜の脳を…切ってみる。

【エモい】花火にありがちなこと【漫画動画】

骨盤矯正と整体

「骨盤矯正」

近頃は「骨盤矯正」と言うのをネットや週刊誌で見かけることが多くなってきました。

骨盤矯正とはなんなのか分かっている方達は少数です。

「骨盤矯正」はどのようなものか解説してみる。

骨盤矯正」のことを知り間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それと仙骨(せんこつ)の先っぽについている尾骨からなります。

外科などの病院の治療では一般的に骨盤の調整は行いません。

なぜか?一般の整形外科では骨盤はズレないと思われていて骨盤が日常生活で歪み、そのことが体の不調の要因になることはないと思っているからです。

(だがしかし一部の病院では骨盤の矯正を独自のやり方でやっている整形外科も少しですがあります)。

例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な力が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元の状態に戻す為に骨盤を治療する場合があります。

この場合、外科手術で「骨盤」の修正をされることが多いようです。

また産科では、出産後に「骨盤」の関節の緩みを調整するように「骨盤」を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものを奨める病院があります。

 

骨盤は歪むのか?

病院などの医療では、骨盤はズレないとされており整体では「骨盤」はズレると考えていてどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそんな考え方の違いが出るのかを解説してしてみたいと思います。

まず、「整体」でいうところの「骨盤」がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫なのどように、レントゲン写真などの画像診断で分かるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

病院などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で分からない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の要因になることはないと考えているのです。

その他にも骨盤の可動性はわずかで例外的に出産時に開く程度。

中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまう為、骨盤は通常稼働しないと考えられているみたいです。

整体などの手技療法では?

整体でおこなわれている「骨盤矯正」は、普段の施術で骨盤のわずかな歪みを矯正したことで患者の痛みが解消されるのを体験します。

現実に「骨盤」の関節の周辺には靱帯、神経、筋肉が存在してわずかなひずみでも筋肉、神経、靱帯を刺激してしまいます。

レントゲン写真のような画像診断でひずみが認められない場合でも「骨盤」が歪んでいて、その歪みを調整する必要があると「整体」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になる

歪んだ骨盤は、様々な異常などを体に出現させます。

「骨盤」がズレると骨盤に乗っている背骨が湾曲します。

背骨がズレると脊椎の中に入っている神経や血管、骨格を支える靱帯や筋肉、全身に血液を送る血管などに負荷がかかりこれらは、それも全て肉体にとってすごく重要なものでどれが障害されても筋肉や内臓に異常が起こります。

骨盤が原因の身体の異常

脊椎がズレると脊椎より出ている神経の伝達が障害されます。

内臓諸器官の異常や運動機能の異常など身体の色々な部分が神経の命令でコントロールされているので、これら全ての肉体の異常に関係してきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担

歪んだ肉体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

肉体の歪みによって血管などを圧迫されることで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体でおこなう骨盤矯正

手技療法などによる整体の「骨盤矯正」は、おおくの場合手によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もあるが、一般には手でするようです。

また、骨盤ベルトのような「骨盤」を締め付けるような道具も用いることもあります。

一般に修正の痛みは伴わないのが普通なのですが、中には凄く強い力で無理に施術を、もちいる治療師もいる。

普通の骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域はすごく狭く大きく動くことは無い。

このすくない動きを調整で動かすので、通常大きな力を使うことはありません。

整体でおこなっている骨盤矯正

骨盤の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの許す範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできないのです。

「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、ネット、雑誌で見かけますが、騙されないように。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるだけの動きはしない。

このような広告をする整体では骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて修正します。

すごく大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると思う方もいるようですが、見た目で分かるほど動いた場合は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、筋肉や靱帯を壊してしまいます。

治療前と治療後で変化したと思う方達もいるみたいですが勘違いのようなもので変ったような気がしているだけなんです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ骨盤が見た目で違いが自覚できるほど可動していることはありません。

仮に目に見えて違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、関節の強い痛みが発生するはずです。

産後の骨盤矯正

例外として骨盤が、普通異常に可動することがあります。

それは、出産時です。

出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるみ骨盤が広がるように動きやすくなったりします。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の関節はこのような柔軟性はないのです。

出産の時でも決して大きく可動しない骨盤が、外見で分かるほど調整で大きく可動することは無い。

歯列矯正のように数年間にわたって力を加え続けるような骨盤ベルトなど使用すれば徐々にですが動かしていくことはできるでしょうが実際には無理だと思います。

骨盤矯正をしよう!

整体で行う「骨盤矯正」は、体形などを変化させるものでなく肉体をバランスのとれた理想的な状態に正すことが目的です。

骨盤の仙腸関節は、多少の歪みでも痛みを発することがありますし、骨盤のちょっとの歪みを体全体を歪ませ健康に影響を与えます。

骨盤を矯正して体をバランスがとれたいい状態に戻すことで健康を保ち痛みや凝りを改善します。

もしも「骨盤」がズレているとおもったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいのではないでしょうか?「骨盤」は身体の基礎です。

「骨盤」が傾けば脊椎が傾きます。

健康な身体は姿勢から!整体矯正法はとても効果的な手助けになります。

骨盤、矯正、浜松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です