謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

骨盤、矯正、浜松

怒りのイントルーダー 敵艦をフルボッコにして沈めた話

【霊友会】信者数3位の新宗教・大本に続く「教祖つくりの宗教」の実態。

初心者講座19(ウォンドの回し方)

【今年、最初の…】雪の華 / 中島美嘉(フル歌詞付き / Covered by Macro Stereo & Elmon)

日本海軍が誇る世界最大の戦艦大和の主砲発射の瞬間【総集編】

壇ノ浦の戦い後の平家 源氏の世の中で平家はどう生きたのか?【鎌倉殿の13人】

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近は「骨盤矯正」という言葉を週刊誌やテレビやネットなどで見ることが増えてきました。

「骨盤矯正」は、どんなものなのか知る人達は少数です。

「骨盤矯正」はどんなものなのか解説してみます。

骨盤矯正のことを理解して間違いない骨盤矯正を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それと仙骨の先っぽについている尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療では一般に骨盤の修正はすることはありません。

なぜでしょうか?普通の病院では「骨盤」は歪まないと思われていて「骨盤」が普段の生活でズレてその歪みが身体の異常の原因になることはないと考えているからなのです。

(だがしかしある一部の病院で骨盤の調整を独自の方法でしている病院もわずかですがあります)。

例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強烈な力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元どおりの状態に戻すように骨盤を矯正する場合がある。

この場合、手術によって骨盤の調整をすることが多い。

また産科では、産後に骨盤の関節の緩みを調整するように「骨盤」を締め付けて固定するベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤は歪むのでしょうか?

一般の医療では、「骨盤」は歪まないとされていて「整体」などの手技療法では骨盤はズレると言われ、いったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを解説してみようと思います。

まず、整体でいうところの「骨盤」が歪むと言うのは、病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲンなどの画像診断で分かるようなひどいズレは扱うことはありません。

一般の医療では?

整形外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見ることのできない程度のズレは痛みなど身体の不調の要因にはならないと考えています。

それ以外にも骨盤の可動性は少しで例外的なのは出産の時に可動する程度。

歳をとると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうので骨盤は通常では動かないと考えています。

骨盤の矯正と整体

整体などでおこなう骨盤矯正では、普段の治療で「骨盤」の少しの歪みを修正した直後に症状がよくなるのを体験します。

実際骨盤の関節の周りには筋肉、神経、靱帯があって少しの歪みでも筋肉、神経、靱帯を刺激します。

レントゲンなどの画像でひずみが見られない場合でも骨盤がズレていてその骨盤を施術する必要があると整体で考えるのはこのためです。

痛みの原因は骨盤の歪み

ひずんだ骨盤は、色々な痛みを身体にもたらします。

「骨盤」がズレると骨盤に乗る背骨がズレます。

背骨がズレると脊椎の中に入っている血管や神経、骨を支える靱帯や筋肉、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに負荷がかかりこれらは、全て身体にとって凄く重要なものでどれが侵されても身体に異常が起こります。

骨盤が原因で神経圧迫

背骨が歪むと背骨より出る神経の機能が障害されます。

内臓の異常や運動機能の異常など身体の色々な部分が神経でコントロールされているので、これら全ての体の障害に関係してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

歪んだ体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかる為、慢性の凝りや痛みの要因になったり、運動能力の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

身体の歪みによって血管などを圧迫すつことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの要因なってしまう。

整体の骨盤矯正

手技療法による「整体」「骨盤矯正」は、主に手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般的には手技で行います。

また、ベルトのような「骨盤」を固定する装具も使う事もあります。

普通修正の痛みをともなわないのが普通のようですが、中には凄く強い力で無理に修正をする方法を使用する治療師もいます。

正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動性は非常に狭く大きく動くことは無い。

この少ない動きを修正によって可動させるので普通は強い力を用いることはないのです。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできない。

骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことを雑誌、ネット、テレビで見ますが、騙されないで下さい。

「骨盤」にどれほど力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしない。

こんな広告をする「整体」では骨盤の上に乗るなど強い力を加えるなどして施術します。

すごく強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど可動した時は骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。

治療した後に変わったと感じる方達もいるようですが、プラシーボ効果みたいなもので変ったような気がしているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ骨盤が見た目で違いが自覚できるほど動いていることはないのです。

かりに見た目で違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、関節の痛みが出現しているはずです。

産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が、通常以上に可動する場合がある。

それは出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ「骨盤」が広がるように可動しやすくなる。

出産の時には恥骨間が2㎝ほど広がりますが出産の時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性は無い。

出産の時でもそんなに大きく可動しない「骨盤」が、外見で分かるほど調整で大きく可動することは無い。

歯列矯正のように数年にわたって力を加えるようなベルトなど使えばすこしずつですが矯正していくことはできるでしょうが現実では無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!

「整体」でする「骨盤矯正」は体形などを変化させるものでなく肉体をバランスのとれた理想的な状態に整えることが目的です。

骨盤の仙腸関節は、ちょっとのズレでも痛みを発することがあるし、骨盤の微妙な歪みが身体全体をひずませ健康に影響を与えます。

骨盤を治して体をバランスがとれたいい状態に保つことで、健康を保ち痛みや凝りを解消します。

もしも骨盤がズレていると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいでしょう。

骨盤は肉体の土台です。

骨盤が傾けば身体全体が傾きます。

健康な体は姿勢から!「整体」矯正はとても有効な手助けになります。

浜松市南区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です