カイロプラクティック

産後、骨盤矯正

-Dreaming Girl- 恋、はじめまして / 岡田有希子

ジャベリンより遥かに高性能だが、01式軽MATは失敗だったのか?

F 111 Aardvark 正確無比の低空侵攻機 ジェネラル・ダイナミクス アードヴァーク

小学生でもわかる戦艦の歴史

睡眠中は危険なのに、なぜ進化の過程で睡眠は淘汰されなかったのか?【ゆっくり解説】

【ゆっくり解説】パリピが観光地で危険な行動!ガイドが警告するも無視し…

【失業】※私もどうなるか分からないので今のうちに話します※ 今後生き残りたい人だけ聞いて下さい【岡田斗司夫切り抜き】

【源氏物語①】ロイヤル・サクセス・パニックラブストーリー

初心者講座19(ウォンドの回し方)


h1 class=”title style-scope ytd-video-primary-info-renderer”>らなきゃよかった地味に悲しくなる雑学10選

【ゆっくり解説】宇宙一危険な惑星TOP6

【ゆっくり解説】地盤沈下で傾いた超高級マンションとは【サンフランシスコ】

側弯症
ぎっくり腰
腰痛
浜松市

整体
整体(せいたい)は日本語では一般に手技を使った民間療法、代替医療を指す言葉。

また、体を整える療法(りょうほう)に使われる言葉です。

日本語としては大正時代に利用され始めた語句でアメリカで体系づけられた療法・整骨医術を「整体」と訳したのが始まりのようです。

今、俗にもちいられる意味では、カイロプラクティック(背骨矯正術)に似ている骨格矯正(主に背骨)を目的とした治療方法を指して用いられるケースが多い。

脊椎・骨盤・上肢・下肢など、からだ全体の骨格や関節のズレの矯正、骨格筋の調整を、手を使った手技療法と矯正器具で行う治療およびその方法を表してしるという意見もあるが統一された形態はない。

手技的療法により色々な症状を改善することを目指す治療法はマニピュレーションと称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック(背骨矯正術)とオステオパシーである。

治癒力(ちゆりょく)を活かすことと手技が中心であるという似た点があるが、治療の哲学や着手方法の方法は違っています。

どちらも19世紀に米国で誕生した治療方法である。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は脊椎関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を徒手的手技によって調整アジャストメントすることで、体の不調を回復しようとする治療方法

「オステオパシー」は、肉体の骨格のアンバランスは体循環に悪い作用をおよぼし、神経の伝達や内分泌、血液の循環んを阻害すると考え、脊柱だけでなくすべての筋繊維や骨格構造、内臓器、頭蓋骨が治療法の対象とします。

脳脊髄液(のうせきずいえき)の循環の回復やリンパ液の循環の回復も目的とされています。

カイロプラクティック(背骨矯正療法)「オステオパシー」の理論・技術は整体(せいたい)や指圧といった日本の徒手矯正に影響を与えました。

整体に決められた方法は無く治療する人によりすることは異なる。

大正のころに伝えられたオステオパシーやカイロプラクティック(脊椎指圧療法)などの西洋より伝来の矯正法を主とする整体(せいたい)、日本武術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される手技療法を取り入れた整体、中国医学の手技を取り入れた整体、団体の独自の施術法などを加味した整体(せいたい)などがある言われています。

民間療法で、医療制度から見れば補完代替医療の一種ですが、保険適用外ですので、一般の医療と共に通常の医療現場で補助療法として使用されることはない。

法制度からは医業類似行為の一つとされます。

「整体術」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています。

明治に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック Chiropractic オステオパシー (Osteopathy)、光線療法、電気治療などの方法を用いて病気治療の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」と言いますが、整体もこの一つとされた 。

整体は理論・技術が統一されていないため、整体(せいたい)を冠する療法家が、自説を語っています。

「カイロプラクティック」 Chiropractic のような「科学的」・物理的治療と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で一般的に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の合わせたものとなっています。

体の骨の関節(脊椎・骨盤(こつばん)・肩甲骨・四肢・等)の歪み・ズレの補正と筋肉のバランス調整などを主に手による技(矯正器具を使用することも)でする治療です。

背骨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です